« 「エンカウンター・グループ」―人間信頼の原点を求めて カール・ロジャーズ | トップページ | 放送大学<8>あっさりした対応 »

2020/01/11

放送大学<7>早く卒業することを目指すべきか、10年在籍をめざすべきか

<6>からつづく 



 たまたまネットで遭遇したこの方のブログが面白い。
放送大学を早く卒業することを目指すべきか、10年在籍をめざすべきか

 ネット記事なので、いつまであるかわからないし、抜き書きしておこうかな、とも思うし、個人ブログだから、それは遠慮しようかな、と思いつつ、一読させていただきました。

心理学を学び始めると、期待していたものと少し違うように感じることが多くなりました。心理学は心のメカニズムを客観的に研究する学問です。質問紙による調査や科学的な分析が多く、心の奥に入り込んで人間を知ることとは少し違うように思います。それに比べ、「人間と文化コース」の哲学、美学、文学の方が、私の希望に沿っているように感じることが多くなりました。

それから、放送大学で心理学を学んでも、現場で活躍できる人はごくわずかのようです。

私はシニアであり、もともと心理職を得るのは無理と承知のうえなのですが、臨床心理にこだわり、卒業して大学院を目指すべきなのか、それとも、10年在籍をめざすべきなのか、私の放送大学の今後を考えてみようと思います。

 実に悩ましい部分ですね。

<8>につづく

| |

« 「エンカウンター・グループ」―人間信頼の原点を求めて カール・ロジャーズ | トップページ | 放送大学<8>あっさりした対応 »

21)辷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「エンカウンター・グループ」―人間信頼の原点を求めて カール・ロジャーズ | トップページ | 放送大学<8>あっさりした対応 »