« 「ロジャーズ クライエント中心療法」佐治 守夫他 | トップページ | 「エンカウンター・グループ」―人間信頼の原点を求めて カール・ロジャーズ »

2020/01/10

「カウンセリング入門」―なやみの解決と人間性の開発 水島 恵一

Miz
「カウンセリング入門」―なやみの解決と人間性の開発
水島 恵一 (著) 1969/02 出版社: 大日本図書(現代心理学ブックス) 単行本: 208ページ
No.4376

 30年ぶり天井階からの落下本ではあるが、読み返してみると、なかなかの良本である。難しいことは何も書いていない。記憶しておかなければならないような人名やら方式などなにもない。だが、重要と思えるところは、丁寧にじっくり書いてある。

 おそらく実際に数多くの実践を積まれた方であろう。ましてやアカデミズムなどとはあまり深く拘泥しないで、じっくりと、本当に必要な人に届くように書いてある。

 おそらくカウンセリングというものは資格なぞで他人に認めてもらう必要などは基本ない。できる人が自分のできる範囲でやればいいのである。優しいと言えば、本当に優しい技術である。

 しかし、優しい技術であるが、難しい技術を優しそうに見せるのがプロである。実にこの方の本は素晴らしいに尽きる。学術的にどうか、とか、時代性から考えてどうか、とか、いろいろ評価の仕方もあろう。しかし、ここまで30年ぶり天井階落下本をパラパラめくってきて、初めて、ああ、この本はいい本だな、と感銘した。

 いつか、時間ができたら、また、じっくり読みたい。

 つづく

| |

« 「ロジャーズ クライエント中心療法」佐治 守夫他 | トップページ | 「エンカウンター・グループ」―人間信頼の原点を求めて カール・ロジャーズ »

22)辷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ロジャーズ クライエント中心療法」佐治 守夫他 | トップページ | 「エンカウンター・グループ」―人間信頼の原点を求めて カール・ロジャーズ »