« あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '20~'21年版<1> | トップページ | 「法華経入門」―七つの比喩に凝集した人間性の真実 松原 泰道 »

2019/12/29

「オーガニック植木屋の剪定術」鳥・虫・草木と楽しむ  ひきちガーデンサービス

81suxo8aonl
「オーガニック植木屋の剪定術」オーガニック植木屋の剪定術 
ひきちガーデンサービス(曳地トシ+曳地義治) (著) 2019/09 出版社: 築地書館 単行本(ソフトカバー)192ページ
No.4360★★★★★

SNSつながりで、著者ご自身の紹介でこの本を知っていた。知ってはいたが、急いで紐解こうという気はなかったのだ。どういうことか、わが家の奥さんが図書館から借りてきた。おお、珍しい、私たち夫婦の読書領域はそれぞれ独自の路線を辿っていて、ほとんどクロスしないのだが、この本では、興味が一致した。

 一致したとは言っても、私自身は著者本人たちに興味があったのだが、わが家の奥さんは剪定そのものに関心があったのである。しかも特定の木が気になっている。ゆず、びわ、ブルーベリー、梅、柿、山椒、あれやこれや、いろいろある。

 まず琵琶。これが大木だ。大木になってしまった。そもそもは、おいしい琵琶の実をもらったので、それを庭に埋けておいたのだ。そうしたら実生の芽がでてきて、いつのまにかキチンと毎年実をつけるようになった。キチンと、と言っても、毎年それぞれに差があり、前年の剪定の差によって実がつくのが違うのだ。

 それに毎年毎年大きくなるので、毎年枝降ろしをするのが、実は大変なのだ。実は、わが家の猫額庭には、二本の琵琶があったのだが、仕方なく一本は根本から伐採した。

 暗い感じにならないように、思い切った剪定が必要。上部をつめるとともに、主なる脇枝(芯になる枝の脇から出ている枝)を残すように形をつくる(残す枝の数はケース・バイ・ケース)。全体のバランスを見て空が透けて見えるぐらいに剪定しよう。
 実を収穫するためには、花芽ができはじめた時期に、確実に花芽を残すように剪定する。すべての枝先に花芽ができているようなら、半数ぐらいに和を制限する。p104「ビワ」

 なるほど~。このビワ、おいしいからいっぱいなった時は、あちこち結構おすそ分けするんだよね。次はユズ。

 剪定は、こみ合った部分の枝の剪定を主体にして樹冠内部までよく日があたるようにする。
 花芽がすでにできているようなら、よく見て花芽を残す。たくさん花芽がついている場合は実が小さくなることがあるので、思い切って半分は諦めるつもりで剪定したほうが、味がよく大ぶりな実ができる。
 あまり実がつきすぎると、木が消耗して弱ることがある。また、実をつけたままにしておくのも、木が弱る原因となるので、適切な時期にきちんと収穫すること。p76 「柑橘類 ユズ キンカン」

 あ~、そういうことだったんだ。実は我が家のユズは昨年大豊作だった。今年も・・・・、と期待していたところ、今年はまったくの不作。端っこのほうに一個なっただけ。この辺はいろいろ研究が必要だなぁ。次は梅。

 多くの本には1月ごろ剪定すると書いてあるが、庭で一番気になるのが5~6月ごろに爆発的に伸びたウメだろう。
 気になるようなら、ウメの実を収穫しながら太くめだつ徒長枝を間引くようにして、形を整えるとよい。太い徒長枝を切り、他の細い枝は20~30cmに切り戻す。p108「ウメ」

 ウメねぇ。毎年毎年、冬になったら剪定しようと思うのだが、ついつい忘れてしまって、収穫の時に、あ、しまったと反省する。来年からは、毎年、収穫の時に収穫ばかり夢中になるのではなくて、しっかり剪定することにしよう。次はヒイラギ。

 まずは刈り込みバサミで刈り込んで形を整える。その後、こみ入った部分や内側の枝をバランスよく枝抜き剪定して、風通しをよくする。とくに上部は強く剪定し、下にいくほど軽く切る。p59「ヒイラギモクセイ」

 ここでいうところの樹木と同じかどうか不明だが、わが家のヒイラギもだいぶ込み合ってきてしまっている。しかも、なにかの害虫がついているようでもある。ここはじっくり研究が必要だが、いずれにしても刈りこみだな。

 あれやこれや。とにかく、いろいろ勉強になります。

 

| |

« あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '20~'21年版<1> | トップページ | 「法華経入門」―七つの比喩に凝集した人間性の真実 松原 泰道 »

08)辷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '20~'21年版<1> | トップページ | 「法華経入門」―七つの比喩に凝集した人間性の真実 松原 泰道 »