« 「スペクテイター」〈44号〉 ヒッピーの教科書 | トップページ | 「プレムバヴェシュの孫たちとの対話」<79>どっこいしょ »

2019/09/25

目からウロコが落ちる 「奇跡の経済教室」【基礎知識編】 中野 剛志

71bblem7gnl
目からウロコが落ちる 「奇跡の経済教室」【基礎知識編】
中野 剛志 (著) 2019/04 出版社: ベストセラーズ  単行本: 332ページ
No.4342★★★★★

 同じ著者の「富国と強兵」はあまりにも大冊でめんどくさそうな本なので、読まずして戦意喪失。MMTを理解するのに、こんなに遠回りしなければならないのかと、ウンザリ。それでは、もっと簡単な本がでているよ、というので待っているのだが、なかなか私の番はやってこない。人気本なのだ。

 そこで近くの書店に出張。ふ~ん、こんな外れの書店にもちゃんとこの本が入っている。ありがたい。これで立ち読みができる。これ以上、簡単にMMTを説明してくれる本はないという。もちろん、MMTそのものを中心に書いてある本でもないし、必ずしも簡単でもない。

 私なんぞは、まず目次を見て、引っかかった頁をいくらかパラパラし、あとから全体を通して読むので、ほぼ1時間で目を通してしまった。でも・・・・・。あんまり頭には入らない。それにいままで、太郎や大西つねきの本や動画で大体のことが察し出来る範囲だった。

 私の精神安定的には、山本太郎や大西つねきを再読したり、継続して動画を見続けていたほうが、どうも府に落ちるようだ。だが、他にもこのようなバックボーンになるような理論や論説があることは大切なことだ。あまりに視野を狭くしてしまわないで、あちらでも、こちらでも、いろんな話があるのね、と、納得しておきたい。

| |

« 「スペクテイター」〈44号〉 ヒッピーの教科書 | トップページ | 「プレムバヴェシュの孫たちとの対話」<79>どっこいしょ »

14)逝の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スペクテイター」〈44号〉 ヒッピーの教科書 | トップページ | 「プレムバヴェシュの孫たちとの対話」<79>どっこいしょ »