« 「おくのほそ道」関屋 淳子 他<2> | トップページ | 「間違いだらけのクルマ選び」2019年版<3> »

2019/05/31

「ソトコト」 (2019年6月号) SDGs入門 <1>

61cyywr3rtl

「ソトコト」 (2019年6月号) SDGs入門 <1>
2019/5/2 雑誌 出版社: RR (2019/5/2) 言語: 日本語
No.4297 ★★★★★

「ソトコト」とは、どんな雑誌なんだろう。

1999年に創刊したソトコトは、来年20周年を迎えます。
世界初の環境ファッションマガジンとしてスタートしたソトコトは、スローフード、ロハス、ソーシャル、ローカルなど、
時代を彩る様々な情報を発信してきました。
ホームページより

 じゃぁ、ソトコト、って何? と思って、チラッとみたが、すぐには分からなかった。そもそも書店の店頭で見かけることも少ないし、内容もイイ感じなんだが、ちょっとジジイ向きではない。むしろ対極の若い女性をターゲットにしているかのようで、すぐに手を取ってみるという感じではない。

 この雑誌で、SDGs特集を組むということはよいことだと思うし、この雑誌のバックナンバーを考えれば、ここで特集を組むのは必然であると思う。ただ、当ブログとしては、まだそもそものSDGsについての姿勢がまとまっていない。

 すでに当ブログではSDGsについて多少は触れてきたし、他の書籍にも目を通してはいるのだが、ここにメモしておくほどのところまで進展しなかった。なぜか・・・?

 SDGsとは何か・・・はともかく、この特集号のタイトルにあるごとく「誰ひとり取り残さない、社会のつくり方」というキーワードに集約しておこう。 

 言葉としては美しい。だけど、そこに実体が伴ってこそ、力ある言葉となる。誰が誰をとり残さないのか? ここんところが明確ではない。なんとかファーストの時代には、SDGsは真逆のキャッチフレーズと言えるだろう。誰ひとり、と言った場合、70億なり80億の人類全員をホントに指しているかい?

 この運動は国連が主導しているという。国連と言えば、1991年に参加した国際シンポジウムの時の実感から、ほとんどシュプレヒコールだけで、結局、なんにもできないのではないか、という危惧が湧いてくる。

 SDGsを始めるべきは、ソトコトの読者なのだろうか?

 本当に入門するべき人は、実は、他にいるんじゃないのかい?

<2>につづく

| |

« 「おくのほそ道」関屋 淳子 他<2> | トップページ | 「間違いだらけのクルマ選び」2019年版<3> »

15)返の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「おくのほそ道」関屋 淳子 他<2> | トップページ | 「間違いだらけのクルマ選び」2019年版<3> »