« 「天河伝説殺人事件」市川 崑 監督 | トップページ | 「ソトコト」 (2019年6月号) SDGs入門 <1> »

2019/05/30

「おくのほそ道」関屋 淳子 他<2>

<1>からつづく

Image 
「おくのほそ道」 <2>
関屋 淳子 (著),    富田 文雄 2010/6 ピエブックス ビジュアル古典文学 単行本: 221ページ
★★★★★

 俳句などと高踏に構えず、川柳などと洒脱に流れず、まずは五七五と語を抑え、季語もなく、落ちもなく、とにかく多弁に堕すのを避けよう、とし始めてから、早二年。作った語句も、数百に達してきた。

 なにはともあれ、季語を入れ、季語重なりを避け、切れ過ぎず、切れも忘れず、とにかくハイクらしきものを作り続けている。梱包用の厚紙を三切りにして、子供の習字用の毛筆セットを持ち出して、一句揮毫する。そして、孫たちのオモチャが乱雑に転がる床の間に、飾ってみる。

 一句浮かぶのは坐禅の最中が多い。内容は辞世の句だ。季語の種類も少なすぎる。まぁ、一足飛びに上達は住まい。それにしても芭蕉の句は大きいなぁ、と思うこと多し。

 五月雨をあつめて速し最上川   とか

 荒海や佐渡に横たう天の川    とか

 夏草やつわものどもの夢の跡   などなど

時空を超えた大きなスケールには圧倒される。

 いいなぁ、芭蕉。

 垣根超へ折られるもんかと薔薇の棘   把不住

つづく 

| |

« 「天河伝説殺人事件」市川 崑 監督 | トップページ | 「ソトコト」 (2019年6月号) SDGs入門 <1> »

09)返の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「天河伝説殺人事件」市川 崑 監督 | トップページ | 「ソトコト」 (2019年6月号) SDGs入門 <1> »