« 「京都人の密かな愉しみ」 監督: 源孝志 | トップページ | 「能面の見かた」 日本伝統の名品がひと目でわかる 小林 真理他 <1> »

2019/03/28

「禅の知恵に学ぶ」 NHKこころの時代~宗教・人生~ 山川 宗玄<1>

81fjgfrekwl
「禅の知恵に学ぶ」 NHKこころの時代~宗教・人生~ <1>
(NHKシリーズ) ムック 山川 宗玄 2019/03 出版社: NHK出版 ムック: 160ページ 
No.4275★★★★★

 最近は大型書店に行ってもOSHOの本なんか売っていないことが多い。検索端末でプリントして売り場に持っていけば、問屋から取り寄せてはくれるが、そんなことなら最初からネットで取り寄せた方が早い。そんな時代だ。

 書店に行っても、おお、これだ、という本に巡り合うことは少なくなった。ヒントはくれるが、ズバリというものは少ない。そんな中にあって、やっぱり禅が全面にでていると、手に取ってみたくなる。

 これはNHK放送のテキストだ。このシリーズの中にはなかなか勉強になりそうなものはあるのだが、どうも食指が動かない。この「禅の知恵に学ぶ」だって、実際の放送はどんな内容になるか、始まってみなければ分からない。されど、一般にこのような形で、シンプルに禅が語られるのは、好ましいことだ。

 ゴータマ・ブッダからマハ・カーシャッパ、ボーディ・ダルマを経由して、日本の禅になったという説明などは、これはこのままでいいのだが、結局、伝統という陋習にこだわれば、現代に生きる地球人としては、どうも納得がいかないことも多い。

 OSHO瞑想センターに関わる者のひとりとして、率直な意見を言っておこう。

・2500年のブッダの流れは、もう一度インドに帰ってしまった。
・あんまり難しくすると、とっつきにくくなる。もっとシンプルにしよう。
・瞑想そのものは、至って簡単なもの。あるいは簡単なものとして扱われる必要がある。
・ドロップアウトしたり、隔離したりしないで、マーケットプレイスに生きよう。
・自立する生活力を持とう。精神も、物質も豊かに生きよう。

 ということになろうか。あるいは、私はOSHOサニヤシンとして、そう生きてきた。もうそれをすっかり自分のものにするしかない。そして、そのような機会を友人たちと分かち合っていく、そういうライフスタイルが、素敵だと思う。

 このテキストは、なかなか良い出来のテキストだが、それでもやっぱり、結局は反面教師だ。これはもう古いのでは?

<2>につづく

| |

« 「京都人の密かな愉しみ」 監督: 源孝志 | トップページ | 「能面の見かた」 日本伝統の名品がひと目でわかる 小林 真理他 <1> »

13)返の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「京都人の密かな愉しみ」 監督: 源孝志 | トップページ | 「能面の見かた」 日本伝統の名品がひと目でわかる 小林 真理他 <1> »