« 「オン・ザ・ロード1972」<74>08/20 小諸駅  | トップページ | 「続・彫刻刀で楽しむ仏像」関侊雲他<28> »

2019/02/27

「オン・ザ・ロード1972」<75>08/21 清水駅(静岡)

<74>からつづく

Jkk1
「オン・ザ・ロード1972」80日間日本一周ヒッチハイクの旅
「時空間」創刊号 1972/11/20 時空間編集局 ガリ版ミニコミ 102p 目次  全日程
★★★★★

<75>1972/08/21 清水駅(静岡)

 この日は、長野県小諸から静岡県清水まで移動したことになる。規定の国鉄線などを利用したわけじゃないので、どこをどう走ったのかは、今となっては判別不能。なにせ行き当たりばったりのヒッチハイクの旅。出たとこ勝負の度胸旅行である。

 静岡県に行き、わざわざ清水駅に泊まったということは、その時そこに降ろされてしまったのか、あるいはわざわざ清水にあこがれて行ったのか。もしあこがれて行ったとするならば、そう、それはあの清水の次郎長オヤブン目的であったに違いない。

 仮に次郎長オヤブン目的で行ったにしても、おそらく失望したに違いない。講談の世界がそこに展開されているわけでもなく、次郎長の片鱗さえ、町にはほとんとなかったはずだ。

 いまなら観光資源として、合羽からげて三度笠みたいなモニュメントや、せめてタテカンくらいは見つけることは可能かもしれない。ただ、夕方になって到着した、行きずりの若者の旅などに、それほど親切な時代ではなかったはずだ。

 なにか町に「ヤクザ」なものを見つけてウロウロしたような気もするが、他に別な興味をひくようなことがなかったのかな、と、今となってはちょっと恥ずかしい気分だ。

 ここからいよいよ、東京に戻ることになる。

<76>につづく

| |

« 「オン・ザ・ロード1972」<74>08/20 小諸駅  | トップページ | 「続・彫刻刀で楽しむ仏像」関侊雲他<28> »

14)退の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「オン・ザ・ロード1972」<75>08/21 清水駅(静岡):

« 「オン・ザ・ロード1972」<74>08/20 小諸駅  | トップページ | 「続・彫刻刀で楽しむ仏像」関侊雲他<28> »