« 「仏像がわかる本」 基本の種類と見わけ方 岩崎 和子 | トップページ | 「オン・ザ・ロード1972」<69>08/15 奈良駅 »

2019/02/25

「オン・ザ・ロード1972」<68>08/14 マキノスキー場 AWF

<67>からつづく

Jkk1
「オン・ザ・ロード1972」 80日間日本一周ヒッチハイクの旅
「時空間」創刊号 1972/11/20 時空間編集局 ガリ版ミニコミ 102p 目次  全日程
★★★★★

<68>1972/08/14 マキノスキー場 AWF

 マキノスキー場は、滋賀県、琵琶湖の西北に広がる高原にある。8月14日の真夏になぜにスキー場なのか、と言えば、それはここでいわゆる野外コンサートがあったのだ。AWF。もう明確には思い出せないが、当時流行していた、ウッドストック流のエピゴーネンが沢山開催されていたのである。

 私はこのコンサートを悪次郎から聞いたのであろう。彼もまた私より数日前にこのコンサートに入っていたようだった。現地でうまく再会できたかどうか、今ではよく覚えていない。悪次郎は、私たちの中では、もっとも政治的に先鋭な意見を持っていた若者であったが、また、フォークギターを抱えて、歌を歌ってコンサートなどにも登壇し、作詞作曲もこなす人物だった。

 コンサートもともかくとして、この琵琶湖湖畔には、なぜかかすかに記憶が残る。琵琶湖の北部に浮かぶ竹生島。その姿が何とも印象的であった。あとから、ここには弁財天が祀られており、日本三大弁財天のひとつであると教えられて、なるほど、と納得した。

 湖畔の若者のバイクにヒッチハイクしたこともあった。琵琶湖の漁業に関係する若者たちは、割と開放的で、茶目っ気がある。気質としては、東北人の私などを笑い飛ばしてしまうような、豪快さを感じたものである。

 ある時、過去世を見るという人が、私と家内は、かつてこの近江地方で暮らしていた、と占ってくれたことがある。残念ながら、私にはリアリティはないが、もしそうだったとしたら、と、ちょっと真面目にこの地方のことを知りたいな、とずっと思ってきたのは間違いない。

<69>につづく

| |

« 「仏像がわかる本」 基本の種類と見わけ方 岩崎 和子 | トップページ | 「オン・ザ・ロード1972」<69>08/15 奈良駅 »

11)退の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「オン・ザ・ロード1972」<68>08/14 マキノスキー場 AWF:

« 「仏像がわかる本」 基本の種類と見わけ方 岩崎 和子 | トップページ | 「オン・ザ・ロード1972」<69>08/15 奈良駅 »