« 「夏井いつきの季語道場」NHK俳句 夏井いつき | トップページ | 「能面入門」 金春信高他 <1> »

2019/01/05

「一彫入魂 面打ち・仏像彫刻に挑戦! 」 塩飽 晴海<1>

61hg6e82bel
「一彫入魂 面打ち・仏像彫刻に挑戦! 」ノミを通じて自分と対話する姿 (定年前から始める男の自由時間) <1>
塩飽 晴海(著) 2005/01 技術評論社 大型本  126ページ
No.4242★★★★☆

 新図書館シリーズ5/10はこの本だ。面打ちも仏像彫刻も、とりあえず挑戦済みだが、こちらも奥が深い。やりかけて中座している作業工程がいくつかあって、いつかは再スタート、と狙ってはいるが、なかなか腰は重い。 

 この本すでに10数年前に出た本だから、ややセンスがNOWくない。「定年前から始める」? って、定年制度に関わらず生涯現役を貫こうとする我が身としては、その定年とやらは、何歳の、何を意味しているのやら、と揶揄したくなる。

 十数年前ならイメージとしては、60歳が定年であっただろう。ということは、55歳あたりから、定年後に備えてね、というお諭しなのであろうか。「男の自由時間」。このフレーズも泣かせるね。50代後半なら、ほとんど自由時間がとれなさそう。だからこそこのフレーズに惹かれるのかもね。

 定年後は自由時間であふれかえっている、っていう雰囲気。本当かな。我が世代としては、60を超えても、そんな奴は少ない。ほとんどがまだ仕事にしがみついている。しがみつかざるを得ない。

 年金受給もままならず、さりとて子供たちの自立も遅い。当然、働かざるを得ないのだ。おそらくこれが永遠に続く。みんな生涯現役ではないか。

 「一彫入魂」。ベタなコピーだが、実際、彫刻は体力勝負だ。なかなかに筋肉痛になる。であるからこそ定年前から始めて体の使い方に慣れたい。体が痛くて眠れない日だってやってくる。

 「ノミを通じて自分と対話する」。たしかにね。我が身としては、彫刻刀とカッターナイフだけで彫っているので、ノミはまだ使っていない。彫刻には、材料となる材木とともに、道具も必要となる。

 私としては、まず樹齢1300年のカヤの間伐材との出会いが仏像彫刻のスタートだ。面打ちとの出会いは、能「名取老女」公演がスタートだ。スタートではあるが、この道一筋というわけではない。それはなかなか大変そうだ。趣味とも言わず、一時の気まぐれで創作意欲が掻き立てられている、というところだろう。

 実は、いつも坐禅会に参加している「みんなの寺小屋」で、近々仏像彫刻教室が始まるという。私も暗黙のうちに誘われている。はてさて私は参加するのだろうか。ひとつ始めれば、後には引けない。考えどころだ。

<2>につづく

| |

« 「夏井いつきの季語道場」NHK俳句 夏井いつき | トップページ | 「能面入門」 金春信高他 <1> »

11)迷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「一彫入魂 面打ち・仏像彫刻に挑戦! 」 塩飽 晴海<1>:

« 「夏井いつきの季語道場」NHK俳句 夏井いつき | トップページ | 「能面入門」 金春信高他 <1> »