« 「大拙」 安藤 礼二 | トップページ | 「続ざんねんないきもの事典」 おもしろい! 進化のふしぎ 今泉忠明 »

2018/11/30

「わけあって絶滅しました。」 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑 丸山貴史他 

811o7yumxnl
「わけあって絶滅しました。」 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑 
丸山 貴史 (著),    今泉 忠明   (監修),    サトウ マサノリ (イラスト),    ウエタケ ヨーコ (イラスト),     & 1 その他 2018/07 ダイヤモンド社 単行本(ソフトカバー): 192ページ
No.4296★★★★★

 おやおや、意外な刺客が・・・。奥さんがこんな本もあるよ、と教えてくれた一冊。孫の小学一年生が喜ぶだろう、と借りてきた本。こういうシリーズがあるそうだ。

 ほう、と思うこと多し。これだけの動物が絶滅しているのだから、人間もいずれ絶滅しても、いいよね。人間、だれでも死ぬように、人類も絶滅するんだ。それを当たり前に受け入れていくことが大切だよね。

 そこで、この本の例にならって、人類(ホモサピエンス)の絶滅理由を考えてみた。

 そだね~、僕たちが絶滅した理由は三つあったかもね。ひとつは核だし、ひとつはコンピュータだし、ひとつは欲望だったね。考えてみれば、三つとも、考えすぎだったんだよね。
 
 そもそも神という思い付きの例えを作ったことが、僕たちが80億個体まで増殖できた理由だったが、それが結局、破綻の原因にもなったんだ。

 神なんていなかった。それを思いついたのはいい考えだったが、そこにひっかかりすぎたのがまずかったね。もうすこし早く離れるべきだった。

 核で電気や水素を作ったが、それが爆発して原爆となり、自分ばかりではなく、地球全体を壊してしまった。その後は、ロボットたちが生き延びたようだが、彼らは低酸素環境でも、なんとか生きていけるからね。

 彼らは個体維持の欲望がないので、ホモサピエンスよりも長生きするかもね。

 こうすりゃよかった。 ほどほどで手をうつべきだったね。けっこう幸せだったのに、それ以上を望み過ぎたよね。

| |

« 「大拙」 安藤 礼二 | トップページ | 「続ざんねんないきもの事典」 おもしろい! 進化のふしぎ 今泉忠明 »

12)迷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「わけあって絶滅しました。」 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑 丸山貴史他 :

« 「大拙」 安藤 礼二 | トップページ | 「続ざんねんないきもの事典」 おもしろい! 進化のふしぎ 今泉忠明 »