« 「神と仏の明治維新」 古川順弘 | トップページ | 「文藝春秋」 2018年11月号 »

2018/11/05

「樅ノ木は残った 」 総集編NHK大河ドラマ  <2>

<1>からつづく

Syun_126img600x4441445046161risvnp1

Syun_126img600x4441445046161nv4x3_2
「樅の木は残った」 総集編<2>
平幹二朗他 (出演) 1970放映 全2巻セット~NHK大河ドラマ [VHS] 販売元: アミューズ・ビデオ 時間: 189 分
★★★★★

 

 

 NHK大河ドラマを意識し始めたのは、この番組があった1970年頃だった。その頃から、ずっとこの手の時代劇は好きになれないのは、こちらに何か理由があるに違いない。刀が嫌いである。封建制が嫌いである。ドラマが嫌いである。その他、いくつも理由が考えられるだろう。

 そうは思っても、50も過ぎて、還暦も超え、残る余命もそれほど多くないはずだという予感がしてくると、どうやら、この私でも時代劇が好きになり、地元の伊達藩ゆかりの話にも耳をそばだてるようになったようだ。

 それにしても、やっぱり、伊達一門ならぬ身なれば、もうひとつ感情移入できないものがある。四代綱村展が現在開催されている。もし原田甲斐のようなドラマがなかったら、この伊達藩は残らず、現在の仙台地方の文化も大きく変わっていたかもしれない。

 伊達藩ゆかりの史跡観光ボランティアガイドに手を挙げて、研修中ではあるが、はて、さて、どこにどう手をつけていいのか正直よく分からない。まずは手当たり次第試行錯誤しているところだが、はてさて、そこから一体何が生まれるのか、自分でも半分よく分からないし、自分でも半分楽しみである。

| |

« 「神と仏の明治維新」 古川順弘 | トップページ | 「文藝春秋」 2018年11月号 »

11)迷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「樅ノ木は残った 」 総集編NHK大河ドラマ  <2>:

« 「神と仏の明治維新」 古川順弘 | トップページ | 「文藝春秋」 2018年11月号 »