« 「表装生活」―思い出の書や写真を、自分で掛軸にしてみよう  麻殖生 素子<5> | トップページ | 「神と仏の明治維新」 古川順弘 »

2018/11/05

「間違いだらけのクルマ選び」2018年版<7>

<6>からつづく

91b4ohqawl
「間違いだらけのクルマ選び」2018年版 <7>
島下 泰久   (著) 2017/12 草思社 単行本(ソフトカバー) 256ページ
★★★★★

 バックカメラが届いた。思っていたよりガッチリした商品で、これなら耐用年数も長いかも、と期待する。

Bk2
 さて、取り付ける段に当たって、問題はいくつかある。

1)バックカメラはバックギアと連動しているのだが、その電源端子はどこに取りつけるべきなのか。赤いコードのところに一緒に差し込んでしまっていいのかどうか? アースは適当なボルトに絡ませればいい、とのことなのだが・・・。

Bl

2)そして、カメラそのものはどこに付けるのか? よく見れば取り付けるべき場所はすでに、最初から確保されている。

Byettwaaa
 この穴に中からうまく装着すればそれでいいだけなのだが、はてさて、この穴にたどり着くまでに、どこから何を外せば、いいのか。気が遠くなる。

Byeuvgaaa
 うまくこうなってほしい。内部的な配線などは、カーペットの下などを這わせたってかまわない。だが、この部品の取り付けだけは、なんとかしなければならない。

3)そして、あらためて気づいたことだが、バックカメラと手持ちのナビを接続するには変換コネクターケーブルが必要になるのである。ネットの達人は自作で作成したという。

848808_m そういえば、わがガラクタ箱にも何個かありそうな部品ではあるが、いくらひっくり返しても適当なものは出てこない。さっそく家電量販店を梯子するが、この類の部品は極端に少なく、いくつかの部品を重ねても、うまく行くという保証はなさそうだ。

 そこでネットで検索すると、専用のものが一個だけ売れ残っていた。ここでさらに2KYほど経費がプラスになるが、しかたあるまい。

<8>につづく

| |

« 「表装生活」―思い出の書や写真を、自分で掛軸にしてみよう  麻殖生 素子<5> | トップページ | 「神と仏の明治維新」 古川順弘 »

15)迷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「間違いだらけのクルマ選び」2018年版<7>:

« 「表装生活」―思い出の書や写真を、自分で掛軸にしてみよう  麻殖生 素子<5> | トップページ | 「神と仏の明治維新」 古川順弘 »