« 「禅宣言」 OSHO<19>/ 思い出の小箱から」鈴木大拙のこと岡村 美穂子他<3> | トップページ | 「把不住述懐」<31>神無月 »

2018/11/17

「間違いだらけのクルマ選び」2018年版<10>

<9>からつづく

91b4ohqawl
「間違いだらけのクルマ選び」2018年版 <10>
島下 泰久   (著) 2017/12 草思社 単行本(ソフトカバー) 256ページ
★★★★★

 バックカメラの取り付けについて、あんなことも、こんなことも、やりたいことはいっぱいあったが、結局できなかった。少なくとも、クルマの原型を大きく変形解体するような改造は私にはできない。

 道具もなければ、経験もない、度胸もない、とくると、あとは、おざなりに無難な方法を探すだけである。結局、最小限の加工で、こうなった。

Img_8542
 バンパーの上に両面テープで張り付けて、社内のコード類はマットの下を這わせてある。機能的にはこれで十分だ。

 バックカメラなんぞ、すでに当たり前の機能になっているのだろうが、わが8年落ちのベーシックハイブリッドにとっては、なかなか新鮮である。バック時に後方が見えるのはうれしい。

 たしかに、ガイドラインはないし、取り付け位置が低いので、正確な視野に欠ける。それに若干魚眼レンズ化しているので、ちょっと変な画像になる。画質だって、決して完全とは言えない。夜間はよく見えない。

 それにしても、これはこれで十分だ。10年落ちのポータブルナビに今回3KY弱でバックカメラをつければ、安全性は一段と高まったと言える。

 さっそく、奥さんに自慢したら、おおお、と驚いてはいたが、バックの時しか映らないの? とちょっと不満そう。おいおい、バックの時にしか映らないからいいんじゃないか、と思ったが、まあ、運転しない人と闘ってもしょうがない。

 たしかにバック用にドライブレコーダーも必要な時代だが、まず、今回はバックカメラにとどめておく。

 それにしてもだ。このたった単機能をプラスしただけで、わがドライブライフは大きく変化するのだ。引き続きいろいろ検討していこう。

<11>につづく

| |

« 「禅宣言」 OSHO<19>/ 思い出の小箱から」鈴木大拙のこと岡村 美穂子他<3> | トップページ | 「把不住述懐」<31>神無月 »

15)迷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「間違いだらけのクルマ選び」2018年版<10>:

« 「禅宣言」 OSHO<19>/ 思い出の小箱から」鈴木大拙のこと岡村 美穂子他<3> | トップページ | 「把不住述懐」<31>神無月 »