« 六十五歳同級会挨拶 | トップページ | 「間違いだらけのクルマ選び」2018年版<8> »

2018/11/12

「東京ブギウギと鈴木大拙」 山田奨治<2>

<1>からつづく

71n5mk6npl
「東京ブギウギと鈴木大拙」<2>
山田 奨治   (著) 2015/04 人文書院 単行本: 249ページ
★★★★★

 OSHOの「まな板に乗った人々」(「禅宣言」1998/03  市民出版社)のリストの中に、千崎如の名前があるが、不勉強でその名前を他に聞くことはなかった。ところがこの本で初めて出合ったので、ここに転写しておく。

 (釈)宗演はこの旅に、弟子の千崎如(せんざきにょげん)(1876頃~1958)を同行させた。如幻は日本で台頭する国粋主義に嫌気がさして、宗演の帰国後もサンフランスシスコに残って布教する道を選ぶ。それからは、ホテルで働いて生活費を稼ぎながら英語を身に付け、公共図書館で西洋哲学の本を読み、ゴールデンゲート・パークでひとり座禅をした。p139「第5章 大拙とビート世代」

 さてここで名前の表記が違っているようだが、如幻が正しい。

Img_8530


Img_8531_2

ーーーーーーーーーーー

 対するOSHOは「禅宣言」でこう回答している、

Img_8532


Img_8533


Img_8534

| |

« 六十五歳同級会挨拶 | トップページ | 「間違いだらけのクルマ選び」2018年版<8> »

16)迷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東京ブギウギと鈴木大拙」 山田奨治<2>:

« 六十五歳同級会挨拶 | トップページ | 「間違いだらけのクルマ選び」2018年版<8> »