« 「アイ,ロボット」 原作アイザック・アシモフ<42> | トップページ | 「武士道と日本刀」 特別版 ナショナル ジオグラフィック »

2018/10/20

「OSHO、ZENを語る」玉川信明<5>

<4>よりつづく

 

41zq5879n0l_2
「和尚、禅を語る」 <5>
玉川信明 2002/02 社会評論社 単行本 263p

 

 不思議なものである。ここにきて、洞山良价(とうざん りょうかい)や雲居道膺(うんごどうよう)の片鱗が見え始めた。

 

Img_8397

 

Img_8398


Img_8399

 あらためて玉川信明をググってみると、1985年に竹中労らと「風の会-講座にっぽん百年」を組織したが、1991年に竹中労の死去とともに解散。 との記述がある。竹中労は、1974年ごろ、金沢のあるイベントで一緒させてもらったことがあり、一緒に酒をごちそうになり、イノシシ鍋までごちそうになったことがある。

 

 だが酔った私はいきなり彼にとびかかり、私は髪を引っ張られて、大立ち回りになった。翌日目を覚ましてみると、周囲の計らいで、同じ布団に雑魚寝させられていた、という、まぁ、今となっては私にとっての数少ない武勇伝がある。

 

 竹中と玉川がそれほどの距離にいたとするなら、なんだか急に許せる気になってきた。それに、次の記述もある。富山県旅籠町に生まれる。富山県立富山中部高等学校卒。竹内好に師事。上京して辻潤を知り、多くの在野、無頼の人びとの伝記、中国論を執筆した。晩年はラジニーシに傾倒。

 

 晩年はラジニーシに傾倒・・・・・・かぁ。こういう記述もありだな。

 

<6>につづく

| |

« 「アイ,ロボット」 原作アイザック・アシモフ<42> | トップページ | 「武士道と日本刀」 特別版 ナショナル ジオグラフィック »

11)迷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「OSHO、ZENを語る」玉川信明<5>:

« 「アイ,ロボット」 原作アイザック・アシモフ<42> | トップページ | 「武士道と日本刀」 特別版 ナショナル ジオグラフィック »