« 「表具屋渡世泣き笑い」 小池丑蔵 | トップページ | 「道元」 別冊太陽 日本のこころ 角田泰隆他 »

2018/10/01

「別冊太陽239 禅宗入門」 竹貫元勝

717qlnxhkcl
「別冊太陽239 禅宗入門」 (別冊太陽 日本のこころ 239)
竹貫 元勝 (監修) 2016/04 出版社: 平凡社 ムック: 175ページ
No.4258★★★★★

 発行されてまだ二年半という新しい編集だけに、魅惑的な一冊である。別冊太陽のムックシリーズの一冊だけに、どっしりとした画像と格調高い紹介内容で、この一冊があれば、禅の世界が何でも分かってしまうような錯覚さえしてしまう。

 されども、やはりこの書は入門の一冊であり、概観を一望するには適しているが、我が身をその道に歩ませるには、機縁が熟さなければならない。ゴータマ・ブッタがおり、マハカーシャッパがおり、ボーディダルマがおり、さらには道元が、そして現代の禅マスター達が存在してこその、今日の禅である。

 ZENの系譜は、釈宗演や鈴木大拙などがなければ、ビート禅にも至らなかっただろうし、わがOSHOへの流入も、なかったと思われる。その伝統が、今いちじるしくグローバル社会で問われている。

 エキゾシズムによる日本文化などに胡坐をかいているうちに、マインドフルネスやらメディテーションやらに、換骨奪還されてしまう可能性はゼロではない。脚下照顧。自らの足元から留意してゆっくり牛歩のごとく歩むしかない。

| |

« 「表具屋渡世泣き笑い」 小池丑蔵 | トップページ | 「道元」 別冊太陽 日本のこころ 角田泰隆他 »

13)述の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「別冊太陽239 禅宗入門」 竹貫元勝:

« 「表具屋渡世泣き笑い」 小池丑蔵 | トップページ | 「道元」 別冊太陽 日本のこころ 角田泰隆他 »