« 「さよなら未来」―エディターズ・クロニクル 2010-2017 <1> | トップページ | 「道元」その探求と悟りの足跡 OSHO <7>「禅寺に捧げるこの一冊」 <1> »

2018/09/06

「禅の教え」 宗派と開祖 東由士

716ljqt4tdl
「禅の教え」 宗派と開祖
東由士 (著) 2018/08 英和出版社 ムック 96ページ
No.4227★★★★☆

 駅ビルのブックショップで、時間合わせのためにぶらついていると、ついこの手の書籍が目に飛び込んでくる。生来の習癖から考えると仕方ないことなのかもしれない。禅の大きな一文字に弱いのだ。

 さっそく手にとってちらちらめくってみる。正直言って、この手の本は、もう何冊も手に取っているので、目新しいところはない。いつもの内容の焼き直しである。むしろ、こちらの目が肥えて来ているだけに、ややバラツキに目が行ったりしてしまう。

 結局、誰が手にとるかだろうが、駅に立ち寄った人が、ふと手にとって、そこからいざなわれて、深い禅の世界に入っていくきっかけとなるかもしれない。それなら、画像も多いし付録CDもついていることだから、素晴らしい出会いとなるであろう。

 個人的には、私はもうこの地点に留まっているようでは、さっぱり修行が進んでいない、ということになってしまいそうだ。総論ではなく、各論、細部にわたって、みずからの瞑想力を巡らせる季節でなければならない。

 マインドフルネスとZEN、禅を、ほとんど同レベルで扱っていて、もうそれはそれでいいのだと思う。仔細にこだわる時代ではない。教外別伝、不立文字。以心伝心。ただ、一次のブームや流行としてとらえてしまわないで、人生の一大事としてとらえることが大切だろう。



| |

« 「さよなら未来」―エディターズ・クロニクル 2010-2017 <1> | トップページ | 「道元」その探求と悟りの足跡 OSHO <7>「禅寺に捧げるこの一冊」 <1> »

13)述の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「禅の教え」 宗派と開祖 東由士:

« 「さよなら未来」―エディターズ・クロニクル 2010-2017 <1> | トップページ | 「道元」その探求と悟りの足跡 OSHO <7>「禅寺に捧げるこの一冊」 <1> »