« 「ごまかさない仏教」 仏・法・僧から問い直す佐々木閑, 宮崎哲弥 | トップページ | 「YouTube革命」 メディアを変える挑戦者たち ロバート キンセル他 »

2018/09/15

「Google流 疲れない働き方」ピョートル・フェリークス・グジバチ

71hisomlnol
「Google流 疲れない働き方」
ピョートル・フェリークス・グジバチ   (著) 2018/03 SBクリエイティブ 単行本: 240ページ
No.4230★★★★☆

 タイトルからすぐに察することができるように、内容的にはスカスカの一冊である。決してGoogleを代表しているわけでもなく、象徴しているわけでもない。ただ、一時期Googleに属したことがあるという若者が、いわゆるマインドフルネスなどの言葉を絡ませながら、一冊ものしている、という一冊である。

 この軽さがいいから、また私も手に取ってパラパラしてみようかな、と思うわけで、その軽さを許容できるなら、ヒマつぶしにはいい一冊かもしれない。

 それほど忙しい職場に属したことはないが、曲がりなりにも業界リーディング・カンパニーに属してはや30年。別段大きな仕事を成し遂げたわけでもないし、疲れ切ったこともなかったなぁ。その秘訣は、やっぱり私には私流の瞑想法があったから、と言えるだろう。

 マインドフルネス=ZEN=禅、というごくごくシンプルなショートカットを許されるなら、ほとんどこの本から改めて学ぶことなどないだろう。マーケットプレイスではこのような本が若干消費されている、という事実を把握できれそれで充分だ。

 私のマインドフルネス=ZEN=禅は、言わずと知れたOSHOである。出会ってからすでに43年。私はこれで十分である。十分学んだかと言えば、あまり大きなことは言えないが、少なくともOSHO潮流がなかったら、私の人生はまったく違ったものになっただろう。よくもわるくも。

 今となっては、それがなかったら、なんて考えることはできないが、私は私なりに、その与えられた環境で、一生懸命探求してきたと言える。OSHOは私の人生にはなくてはならないものだった。OSHOとの出会いがあればこその人生だった。そのことに関心がある人があれば、私は大いに分かち合いたいと思う。関心のある人は来たれ! 一緒に有意義な人生を送ろう。

| |

« 「ごまかさない仏教」 仏・法・僧から問い直す佐々木閑, 宮崎哲弥 | トップページ | 「YouTube革命」 メディアを変える挑戦者たち ロバート キンセル他 »

14)述の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Google流 疲れない働き方」ピョートル・フェリークス・グジバチ:

« 「ごまかさない仏教」 仏・法・僧から問い直す佐々木閑, 宮崎哲弥 | トップページ | 「YouTube革命」 メディアを変える挑戦者たち ロバート キンセル他 »