« 「Tarzan」二度と太らない! <2> | トップページ | 「女表具師 技術泥棒攻防記」 尾形璋子 »

2018/09/28

「表装生活」―思い出の書や写真を、自分で掛軸にしてみよう  麻殖生 素子<4>

<3>からつづく

419npveql2l
「表装生活」 
―思い出の書や写真を、自分で掛軸にしてみよう <4>
麻殖生 素子 (監修) 2010/07 単行本: 92ページ

★★★★★

 大体イメージが固まってきたぞ。

Img_7903
 色、形、大きさ、軸棒、軸先、風帯は、これでいいだろうか。お手製短冊ひとつでは、どうもバランスが悪い。

Img_7908
 短冊三本掛けにすると、ちょうどバランスは良いようだ。裏打ちの和紙は、障子を張った時の残り紙でいいだろうか。ノリも障子張りの時のモノが残っている。

Img_7909
 三本掛けにするなら、最初から、お手製色紙も掛けられるようなバランスがいいだろう。天と地はやはり同一色のほうがいいだろうか。この場合、一文字はなくていいだろう。

Img_7912
 お手製色紙も、縦長だけじゃなく、横長でも掛けられるようにしようか。テングス糸が問題だ。八双、掛緒、巻緒なども、そろそろ準備しなくちゃね。

<5>につづく

| |

« 「Tarzan」二度と太らない! <2> | トップページ | 「女表具師 技術泥棒攻防記」 尾形璋子 »

17)述の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「表装生活」―思い出の書や写真を、自分で掛軸にしてみよう  麻殖生 素子<4>:

« 「Tarzan」二度と太らない! <2> | トップページ | 「女表具師 技術泥棒攻防記」 尾形璋子 »