« 「美術手帖」更新を続ける21世紀の禅<4> | トップページ | 「美術手帖」更新を続ける21世紀の禅<5>「禅宣言」 OSHO<17> »

2018/06/15

「アイ,ロボット」 原作アイザック・アシモフ<30>

<29>からつづく

51yxagegitl
「アイ,ロボット」 <30>
原作:アイザック・アシモフ 監督: アレックス・プロヤス  出演: ウィル・スミス, 他 2004年作品 DVD 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 時間: 115 分

★★★★★

 ようやくここまで来た。傍目には、大した進展もないように見えるかもしれないが、これでもだいぶ進化した。全体の20%くらいまでは来ただろう。

Img_6823
 ゼロからのスタートである。ある程度の大枠を決め、具体的にすこしづつ形を与え、試行錯誤の繰り返し。手元にある廃材を解体し、適材適所へと、プランニング。

Img_6824
 思わぬ出会い、思わぬ組み合わせが、新しいフォルムを生み出す。パーツパーツが、化学反応を起こす。おお、そこにそれが来るか。

Img_6828

 一度決まった組み合わせが、解体され、再構築される。完成図というものはない。ひたすら自分の中にあるイメージを外に出そうとする。いつか内と外の均衡が訪れるだろう。

Img_6827 
 仮止めからネジ止めへ。素材のままから、穴あけ、カット、曲げ、つぶし、変形。右と左のバランス。前と後ろの見栄え。
Img_6825 
 なかなかうまく行かないところは、どまでうまく行かない。だけど、ひょんなことで、ひょんな組み合わせを発見する。あ、これで、いいじゃん。
Img_6826 
 ここからさらに手の平をつくり、指をつくり、筋肉を張る。そして、スケルトンの衣装をつける。そして自立。坐禅。
Img_6822_2

 ここまでくれば、あとは、時間が解決する。次第次第に姿は明確になり、メッシュも上がってくるだろう。全体として、一体性を持ち始めるだろう。

<31>につづく

| |

« 「美術手帖」更新を続ける21世紀の禅<4> | トップページ | 「美術手帖」更新を続ける21世紀の禅<5>「禅宣言」 OSHO<17> »

16)禅の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アイ,ロボット」 原作アイザック・アシモフ<30>:

« 「美術手帖」更新を続ける21世紀の禅<4> | トップページ | 「美術手帖」更新を続ける21世紀の禅<5>「禅宣言」 OSHO<17> »