« 坐禅会 | トップページ | 瞑想ルーム »

2018/04/18

1978年

 1978年とは、どういう時代であっただろう。

 1970年から8年。1980年まで2年。割と中途半端な時代であった。私は一年間のインド滞在を終えて帰国した。瞑想センターの名前を抱いて、どこからどう始めるか、冬の木枯らしの中を歩いていた。

 この時代に、ひとつの仕事を始めたひとがいた。おそらく私より一回り上の人だから、30代なかば。そこかスタートしたということは、そこまでの人生が、ひとつ二つあったはずである。

 あの時代、あの仕事を始めて、決して注目が集まる仕事でもなければ、簡単な仕事でもなかったであろう。地味な、決して楽しくない仕事であったに違いない。

 だけど、あれから40年。一つの仕事をやり続けて、彼もすでに76歳。その仕事はすたれていない。むしろ、上向きで、拡大傾向にある。されど、それを他人に譲るとなると、一筋縄ではいかない。

 彼にハッピーリタイアはあるのか。どのようなものが、彼にとってのそれになるのか。何か他の楽しみはないのか。趣味は何なんだ? 何を目的に生きているんだ?

 おそらく、彼は仕事をしながら死んでいくことが理想と思っているのではないだろうか。それはある意味うらやましいことである。それでいいのだろう、彼にとっては。

 だが、残された側にとってはかなり迷惑なことになる。その修復はかなり大変な作業となろう。もちろんどんな仕事でも、そのような状況はありうる。誰だって、その危険性はある。彼だけを責めることはできない。

 されど、廻りで彼にハッピーリタイアメントをプレゼントしてあげることはできないだろうか。そのことを考えている。私になにかできるだろうか? どうすればいいだろうか?

Img_5856


 

| |

« 坐禅会 | トップページ | 瞑想ルーム »

19)禅の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1978年:

« 坐禅会 | トップページ | 瞑想ルーム »